高校受験の基礎知識 高校の入試制度を知りたい!(神奈川県立 前期選抜)
  1. ホーム
  2. 高校受験の基礎知識
  3. 高校入試制度を知りたい!
  4. 神奈川県の入試制度
  5. 神奈川県立高校の入試制度(前期選抜)
高校入試制度を知りたい!

神奈川県の入試制度

神奈川県立高校の入試制度

従来は「前期選抜(自己推薦型)」と「後期選抜(学力選抜)」の2回実施されてきましたが、平成25年度より「共通選抜」として一本化され、全課程同日程で実施されています。

学区はなく、通学が可能であれば県内の希望する高校を受験することができます(一部の市立高校を除きます)。
※下記の日程はすべて28年度のもの

出願

1月28日、29日、2月1日の3日間に出願し、一回に限って志願変更(2月4日、5日、8日)ができます。

選抜内容

クリエイティブスクール(田奈高校、釜利谷高校、大楠高校)以外の全日制高校では学力検査と面接が全員に課されます。各高校・学科・コースの特色に応じて、特色検査(自己表現や実技検査)を実施する場合があります。学力検査は全県共通問題で5教科(特色検査実施校は3~4教科も可能)、試験時間は各50分でそれぞれ100点満点です。

学科試験は2月16日。面接および特色検査は2月16日、17日、18日のいずれかで行います。クリエイティブスクールは学力検査を行わず、2月16日、17日、18日の中からいずれかの日に、面接と特色検査によって入試が行われます。

合格発表は2月29日です。日程的には私立高校の合格発表後に公立高校入試に臨む流れになります。

選抜方法

1.調査書(評定)・・・a
2年の9科合計+3年の9科合計×2を100点満点に換算
(教科ごとの評定合計を一定の範囲[3教科まで、各2倍以内]で重点化することができる)

2.学力検査点・・・b
全日制では5教科、定時制では3教科の検査を実施
(全日制で特色検査をする学校は3教科まで教科数を減らすことができる)
実施した検査の合計点を100点満点に換算
(教科ごとの得点を一定の範囲[2教科まで、各2倍以内]で重点化することができる)

3.面接・・・c
全校で実施
「入学希望の理由」「学習意欲」「教科以外の活動に対する意欲」の共通観点と「学校ごとの観点」を設けている場合はそれを含めて、点数化する観点ごとの点数を合計し、100点満点に換算

4.特色検査・・・d
「実技検査」または「自己表現検査」を必要に応じて実施
観点ごとに評価し点数化して、100点満点に換算
※「実技検査」=デッサン、口頭による英問英答、スポーツ技能、楽器演奏など
  「自己表現」=与えられたテーマに基づくスピーチ、資料を用いた発表、グループ討論や論述

●選考基準の比率
「調査書(評定)」「学力検査点」「面接」の3つの資料を、合計が10になるよう(それぞれの検査は2以上)各学校が比率を決定(「特色検査」を行う場合は、最大5として別に取り扱う)

●選考
選考は、資料の一部が整わない受検者にも配慮し、第1次選考(募集定員の90%)と第2次選考(同10%)に分けて行われる

「調査書(評定)」の比率をf、「学力検査点」の比率をg、「面接」の比率をh、
「特色検査」の比率をiとし、以下の算式の合計値で選考する
(クリエイティブスクールを除く)

第1次選考
S1=[a] ×f+[b]×g+ [c]×h(+ [d]×i)
f、g、hはそれぞれ2以上で、合計が10となる整数(iは5以下の整数)

第2次選考
S2= [b]×g+ [c]×h(+ [d]×i)
g、hはそれぞれ2以上で、合計が10となる整数(iは5以下の整数)で、第1次選考とは異なる。

次は、神奈川県の私立高校の入試制度

ページトップ